前へ
次へ

産休は働く女性のための制度である

産休は産前産後休暇のことで、こうした制度がある会社で働いている女性が出産のために取得できる休暇になります。このような制度が採用されている会社で正社員で勤めている女性などが利用しており、申請して取得するという流れになっています。出産が近づいてくると正社員のフルタイム勤務が難しくなってくることもありますし、早産のリスクなども高まります。そのため、こうした制度を取得することで、安心して出産を迎えられるようになることが大きなメリットです。また、出産後は生まれたばかりのお子さんのお世話をする必要があり、例えば3時間おきの授乳などがあり、仕事をするのは難しいものでもあります。また、出産は女性にとって生命をかけて臨むイベントでもあり、産後はしっかりと体を休める必要があります。こうした制度があれば安心してお子さんを生むことができるのが大きなメリットになります。産休は同時に育児休暇とセットともいえ、産前産後休暇を取得し、その後も継続的に育児に関わっていきたいという場合には育児休暇を取得する人も多くいます。こうした制度があることで、働いている女性が安心して出産や育児を行っていくことができますし、社会で少子化が課題となっている中でこうした課題を解決することにもつながります。しかし、産休は産前休暇と産後休暇があり、産前休暇は出産予定日の42日前から取得することができるようになっています。そして、その期間内なら産休を任意で取得することができるようになっており、会社に申請して取得します。それに対して、産後休暇は出産の翌日から8週間となっています。産前休暇が任意で取得可能になっているのに対し、産後休暇の産休期間は法律で定められており、その間は原則として働くことができないようになっているのです。こうした点で出産を迎える女性や出産を行った女性たちが安心して働くことができるようになっているのが産休になります。

Page Top