前へ
次へ

産休をする前に知っておきたいこと

産休をしなければならないことがあるかもしれませんが、この場合にはどのようなことを理解しておいたと言うでしょうか。通常結婚している女性でこれから子供を産む場合には、産休に入ります。これは大きな会社であっても小さな会社であってもあるいは公務員であっても同様のことがいえます。もしこれから産休で休まなければならないとすれば、少なくとも3ヶ月前から2ヶ月ぐらい前には会社側に伝えておく必要があります。これを伝えることで、安心して休むことができるかもしれません。この点、忙しい仕事なのでなかなか自分だけ休みにくいと考える真面目な人もいます。確かに、忙しい仕事の場合には産休で自分が抜けると仕事が回らなくなると心配してしまいそうです。しかし実際には、1人ぐらい抜けても仕事は回るものです。そのため安心して、産休に入ると良いでしょう。もう一つは、どれぐらいの時期から産休に入ったら良いが気になるところです。基本的に、妊娠をしている人にもよりますが、出産をする前は何かと落ち着かないものです。初産の場合は特に、気持ちが落ち着かず不安になるかもしれません。そのような状態の中で、仕事をするのは大変なことでしょう。妊娠8ヶ月から9ヶ月ぐらいになると、行動が制限されやすいです。もちろん人によっては、5ヶ月目位でつわりが来てなかなか思ったように活動できないかもしれませんが、本格的に子供を産む場面となれば、やはり体調面でも気になるところでしょう。この場合には、少なくとも産休の予定をよく考えなければいけません。はじめての出産の場合には、出産予定日の2ヶ月ぐらい前には産休をとっておいた方が良いかもしれません。そのほうが、安心をして準備をすることができます。これに対して、初めてなんない場合には1ヶ月前から3週間位前から休めば十分でしょう。特に里帰りをする場合には、早めの準備をしておくのに越した事はありません。例外的に、早産の場合などは事情を説明して早めに休ませてもらうのが吉です。

Page Top